【VIO脱毛前の自己処理画像】事前処理はどこまで剃る?

VIOの自己処理画像をチェック!

VIOの自己処理画像があれば、脱毛サロンへ行く前に初めてでもやり方がわかりますよね。
VIO脱毛前に、事前処理はどこまで剃るのか、画像を見ながら確認していきましょう。

脱毛サロンでVIO脱毛するときは、前日までにアンダーヘアを自己処理しておく必要があります。
事前処理を忘れたりすると、脱毛できない場合もあるので注意してください。

VIOの処理画像をチェックしておけば、剃り残しの心配もなく当日は安心して通えますよね。
デリケートゾーンですから、どこまで剃るのか不安でも、VIOの自己処理画像を見れば剃る範囲もわかります。

VIO脱毛前の自己処理・事前処理どこまで剃る?

VIO脱毛前の自己処理で、Vラインのトライアングル部分をどこまで剃るかは、ハイジニーナにするかしないかにもよります。
ですが、ハイジニーナにしない場合も、最初の脱毛前は事前処理で全剃りしておくのがおすすめです。

IOラインの自己処理でどこまで剃るかは、画像にある可能な範囲で大丈夫です。
電気シェーバーを使っても自己処理の難しい場所ですから、剃り残しはサロンでシェービングしてもらいましょう。

VIOの脱毛前は、自己処理で肌を傷つけないことが大切です。
事前処理でどこまで剃るかは、できる範囲で十分なので無理はしないでくださいね。

VIO脱毛行く前/初めての自己処理のやり方と方法

VIO脱毛に初めて行く前の準備として、自己処理でどこまで剃るか不安ですよね。
基本的なことを抑えておけば、VIOの脱毛前処理が大変なことはありません。

自己処理のやり方は簡単ですから、VIO脱毛だからといって方法は難しくないですよ。
おすすめの方法は、電気シェーバーを使用してアンダーヘアを事前処理することです。

電気シェーバーなら、VIOの自己処理が初めてでも脱毛前処理は簡単にできます。
VIO脱毛のみでも、脱毛サロンなら完了まで1年~2年はかかるので、IOライン専用のシェーバーを準備しておくのも役立ちます。

VIO脱毛の事前処理/1回目・初回は全剃りがおすすめ?

VIO脱毛の事前処理で、1回目は全剃りしておくのもいいでしょう。
IOラインはハイジニーナにするケースが多いので、初回は事前処理で全剃りしておきます。

Vラインはハイジニーナにせずに、画像のようなナチュラルやトライアングルの形を整えるのが人気です。
ですが、Vラインの形をデザインしたい場合でも、まず1回目は全剃りしておくと毛量を減らせます。

VIO脱毛するときは、Vラインをどのようにデザインするか、サロンのスタッフに相談してください。
Vラインの事前処理はどこまで剃るのが最適か教えてくれますので、初回は全剃りした方がいいかも聞いてみましょう。

VIOを薄くしたい!VIO脱毛でVラインを薄くするだけはOK?

VIOを薄くしたいという要望も、脱毛サロンや医療脱毛は叶えてくれます。
VIO脱毛で薄くするだけもできますから、気軽に相談してみましょう。

IラインとOラインは全剃り(ハイジニーナ)にする女性が多いですが、IOラインを薄くしたい要望も聞いてくれます。
もちろん、IOラインはハイジニーナで、Vラインは薄くするだけの脱毛もできます。

VIO脱毛で薄くするだけなら、脱毛サロンでも6回前後で完了して、自己処理が楽になります。
Vラインをナチュラルに仕上げたい、トライアングルの形にしたいなど、希望に合わせた方法で提案してくれますよ。

ハイジニーナ脱毛の自己処理/デリケートゾーンの剃る範囲は?

ハイジニーナ脱毛するときの自己処理ですが、デリケートゾーンの剃る範囲は全剃りにしましょう。
事前処理には電気シェーバーを使用して、Vラインは全剃りに、IOラインは自分の剃れる範囲で構いません。

剃り残しはシェービングしてくれますから、どこまで剃るかよりも肌を傷つけない方が大切です。
無理にアンダーヘアを自己処理しようとして、肌を傷つけてしまったら当日に照射できない可能性もあります。

VIOのデリケートゾーンは、自己処理に画像のようなカミソリは使わずに、肌にやさしい電気シェーバーを使用してください。
ハイジニーナにするなら、剃る範囲は全剃りですから、VIO脱毛前の自己処理も楽です。

Vライン脱毛とIライン脱毛の自己処理はどこまで剃る?

Vライン脱毛の自己処理はどこまで剃るかというと、1回目の脱毛前は全剃りがいいと思います。
ナチュラルやトライアングルに形を整えるとしても、まず初回は毛量を減らすために、事前処理は全剃りがおすすめです。

Iライン脱毛の自己処理でどこまで剃るかは、基本的に全剃りです。
ハイジニーナにするなら全剃りですが、見にくい部位は無理に剃らなくても大丈夫です。

Iラインは自己処理が難しい部位ですから、肌を傷つけてしまうのが注意点です。
剃り残しがあってもシェービングしてくれるので、剃る範囲だからといって無理をして全剃りする必要はありません。

VIOどこ?VラインとIラインの境目の脱毛範囲は?

VIOどこ?といいますと、Vライン・Iライン・Oラインのデリケートゾーンを合わせた名称です。
そのため、デリケートゾーン脱毛や全剃りするハイジーナ脱毛とも言われています。

Vラインの脱毛範囲は、デリケートゾーンの上部で、下着からはみ出る部分になります。
Vラインプレートを使うと、自己処理の範囲もわかりやすですよ、

また、VラインとIラインの境目をどうするか悩みますよね。
VラインとIラインは繋がっているので、デザインするときは一緒に考える必要があります。

例えば、Iラインをハイジニーナにすると、Vラインとの境目は目立ちますよね。
Vラインをトライアングルにするなら、Iラインとの境目はデザインに合わせて少し残すなど形を調整していきます。

ビキニラインとはどこ?Vラインはどこ?

ビキニラインとはどこ?といいますと、画像のようにビキニの水着を着たきにはみ出る場所となります。
基本的にはVラインと同じですが、脱毛サロンやクリニックにより脱毛の範囲が異なるのは注意点です。

そもそもVラインってどこ?という話ですが、デリケートゾーン上部の三角形の部分です。
下着や水着からはみ出てしまう部分ですから、ビキニラインとも言われています。

ビキニライン脱毛とあれば、Vライン脱毛と思っていいでしょう。
VIO脱毛前の自己処理では、ビキニラインからはみ出る部分をシェービングしておきます。

脱毛範囲がわからないときは、Vラインプレートを使用すれば、どこをシェービングすればいいかわかります。

VIOを医療脱毛するときの自己処理は?

VIOを医療脱毛するときですが、自己処理の方法は脱毛サロンのときと同じです。
医療脱毛だからといって、VIO脱毛の自己処理に違いはありません。

Vラインはナチュラルやトライアングルの形にして残すとしても、1回目のVIO脱毛前処理では全剃りがおすすめです。
IラインとOラインはハイジニーナを選択するケースが多いですから、事前処理は全剃りでいいでしょう。

また、自己処理のやり方ですが、脱毛サロンのときと同様に、カミソリは使用せずに電気シェーバーで剃るのが基本です。
VIOのみ医療脱毛するときは、ハイジニーナにしなくても初回は全剃りでも大丈夫ですよ。

VIO脱毛とOライン脱毛の体勢は?

VIO脱毛するときの体勢は、恥ずかしいのか気になりよね。
まず、VIO脱毛のときは洋服を脱いで、紙ショーツ(紙パンツ)を履きます。

タオルガウンで身体を隠しますから、全身を見られるようなことはないですよ。

Vライン脱毛の体勢は、ベッドに仰向けに寝て、脱毛しやすいように肩幅ほどに開脚します。
紙ショーツは履いたまま、少しずつずらしながら照射していきます。

Iライン脱毛の体勢は、ベッドに仰向けに寝て、片方の足を横に開いて三角形を作るような体勢です。
照射するときは、紙ショーツをずらしながら行うケースや、紙ショーツを脱ぐ場合もあります。

Oライン脱毛の体勢は、ベッドでうつ伏せまたは横向きになります。
紙ショーツは脱ぐケースが多く、タオルで隠しながら照射部分だけ見えるような体勢をとります。

VIO脱毛の前日の注意点/初めての自己処理の剃り方は?

VIO脱毛の前日の注意点は、まず自己処理を忘れたら大変ですから、必ず事前処理は行いましょう。

剃り方が初めてで分からない・・となっても、まずカミソリで剃るのは絶対に辞めてください。
肌を傷つけてしまい、予約当日に照射できなくなっては大変です。

電気シェーバーで剃れば、肌への負担も少ないですし剃り方も簡単です。
また、IOラインは全剃りするとしても、Vラインをどこまで剃るか悩みますよね。

Vラインの形を残したいときでも、VIO脱毛の1回目の自己処理は全剃りで、量を減らすのがおすすめです。
そして、Vラインプレートを使用すれば、剃る範囲がわかるので簡単にシェービングできます。

VIO脱毛前の自己処理画像のまとめ

VIO脱毛の自己処理画像とイラストを紹介しながら、事前処理のやり方やおすすめの方法を解説してきました。
アンダーヘアをどこまで剃るかは、ハイジニーナにするかにもよります。

VIO脱毛前処理では、ハイジニーナにしなくても1回目の自己処理は全剃りして、毛量を減らすのがおすすめです。
また、Vラインはナチュラルやトライアングルに形をデザインするのが人気です。

IラインとOラインはハイジニーナが人気ですが、Vラインを薄くしたい、VIO脱毛で薄くするだけの要望もOKです。

VIOのみ脱毛したい場合でも、脱毛サロンと医療脱毛で、自己処理のやり方やどこまで剃るかの違いはありません。
注意点としては、事前処理にカミソリを使用すると肌が痛むため、電気シェーバーを使用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました