【VIO脱毛の服装】格好は?髪型や着替えの注意点

VIO脱毛する時の服装と格好は?

VIO脱毛のみする場合は、上半身への照射はありませんから、服装はそのままで着替える必要はありません。
ただし、ワンピースの服装で行くと、サロンやクリニックによっては脱ぐこともあるのが注意点です。

ワンピースを脱ぐと下着の格好になりますから、タオルをかけてもらえますが恥ずかしいですよね。
また、下半身は腰にタオルガウンを巻いて、下着は脱ぐことになります。

VIO脱毛を施術するときは、施術用の紙パンツなどが用意されています。
照射時には、VIOラインの必要な部分のみが見えるように配慮して、ガウンをめくりながら照射していきます。

そのため、VIO脱毛でも服装に気を使う必要はありませんが、ボトムスなど着脱しやすい格好がおすすめです。

脱毛サロンに初めて行く時の服装と格好は?

脱毛サロンに行く時の服装は、どんな格好がいいのか気になりますよね。

脱毛は初めてだし、おすすめの服装ってあるのかな?
と思うかもしれませんが、脱毛部位に関わらず基本的に服装や髪型は自由で大丈夫です。

脱毛サロンでは施術用のガウン(タオルガウン)が用意されているので、個室へ案内されたら服を脱いで着替えることになります。
洋服を汚さないための配慮ですが、着替えやすい服装ならどのような格好で行っても大丈夫ですよ。

冬に脱毛する時は寒いか心配・・という女性も、施術ルームは暖房が効いているので、着替えを用意する必要もありません。

脱毛のカウンセリングに行く時の服装は?

脱毛のカウンセリングは、どのような服装で行けばいい?
と不安になっても、当日に施術を受けることはないので、普通の格好で大丈夫です。

脱毛のカウンセリングに行く時に、ラフな服装をしていく必要はありません。
無料体験する場合でも、服を脱いだりはしないので、いつもの出かける格好で行きましょう。

カウンセリングの時は、服装だけでなく髪型やメイクも気にすることはないですよ。

また、ストッキングやタイツは、脱毛するなら肌への負担が大きいのでやめた方がいいですが、カウンセリングの時は履いていっても平気です。
特にVIO脱毛の時は、注意点としてストッキングやタイツは履かない方がいいでしょう。

脇脱毛する時の服装は?

脇脱毛する時の服装は、キャミソールやノースリーブなら着たままで施術を受けられることが多いです。
キャミソールやノースリーブを着たままでいいかは、サロンやクリニックによりますのでご注意ください。

脇脱毛の他にも上半身を照射する時は、服を脱ぐことになるのでトップスのような服装がおすすめです。
トップスなら脱ぎやすく着やすいので、着替えも楽ですよね。

ワンピースは脇脱毛でも脱ぎますので、VIO脱毛など下半身に照射しなくても下着姿になります。
タオルなどをかけてもらえますが、気になるなら上下の分かれた格好をしていきましょう。

全身脱毛する時の服装と格好は?

全身脱毛する時の服装は、上下とも脱ぐことになりますので、ラフな格好がおすすめです。
上半身は着脱しやすいトップス、下半身はゆったりしたボトムスなどが楽ですよ。

スキニーやレギンス、タイツは密着性が強いため、脱毛後の敏感な肌に刺激を与えてしまいますから、避けた方が無難です。
また、全身脱毛の後は紫外線をなるべく浴びたくないので、スカートやショーパンもあまりおすすめできません。

全身脱毛に限らず、脱毛する時はゆったりした着脱しやすい服装で、紫外線を浴びないように、肌の露出が多い格好は避けるようにしてください。

下半身を脱毛するときのパンツと下着は?

下半身を脱毛する時の服装は、着脱しやすいゆったりしたボトムスの格好がおすすめです。
注意点としては、ぴったりしたスキニーやボトムスは、肌へ刺激を与えてしまいますから避けてください。

レギンスやタイツも、下半身脱毛後の肌には刺激が強いのでやめておきましょう。

また、VIO脱毛ではなく、ヒザや脚など下半身を脱毛する時は、下着姿になりますがパンツはそのままです。
施術中はタオルをかけてくれますので、服を脱いでも安心してください。

VIO脱毛の場合は、下着(パンツ)を脱いで、用意されている紙パンツや紙ショーツに履き替えます。

脱毛する時の髪型は?髪の毛は結ぶの?

脱毛する時の髪型は、ポニーテールやお団子のように、髪の毛を結ぶ方がいいと思いますよね。
ですが、ベッドで横の姿勢になると乱れてしまう髪型は、避けた方がいいと推奨されています。

基本的に、脱毛する時は髪を下ろしておきますが、背中や首などに照射する時は髪の毛が邪魔になりますよね。
髪の毛が長い女性は、簡単なひとつ結びにして、まとめてもらうこともあります。

また、注意点としては、アクセサリーは施術前に外しておきましょう。
ほとんどのサロンが個室でロッカーも用意されていますが、念のため高価なアクセサリーはしていかない方が安心です。

脱毛エステは寒い?服装と着替えは?

脱毛エステの室内は、冬場になると暖房が効いていますので、寒いことはありません。
施術ルームも空調が効いていますから、脱毛中に寒いこともないですよ。

そのため、脱毛エステに通う時の服装も、施術中は寒いかもと、厚着をして下に着こんでおく必要はないです。
VIO脱毛だけでなく、脱毛する時に着替えも必要ないので、持参しなくて大丈夫です。

寒いと感じるとしたら、部屋の温度よりも冷却ジェルによる寒気かもしれません。
肌への負担を減らしたり、クールダウンするために冷却ジェルを使用するサロンもあるので、冷たさが苦手な女性もいます。

脱毛サロンへ行く時に化粧はどうする?

脱毛サロンへ行く時に、化粧はしていいのか気になりますよね。
結論から言うと、VIO脱毛だけなど、顔脱毛しない場合は脱毛当日に化粧したままで大丈夫です。

顔脱毛する時は、施術前にメイクを落と必要があるので、脱毛へ行く時のメイクはすぐに落とせる薄化粧がいいでしょう。
サロンが家から近ければいいですが、すっぴんで電車に乗ったりするのは恥ずかしいですよね・・

顔脱毛当日は、施術前にメイクを落としますが、スタッフがクレンジングしてくれるサロンもあれば、セルフで自分で化粧を落とすサロンもあります。

注意点ですが、厚化粧だとクレンジングしてもメイクが残ってしまう可能性もあるため、なるべく薄化粧で行くのがおすすめです。

脱毛する時に気をつけたい注意点は?

脱毛する時の注意点としては、自己処理を忘れないこと、日焼けしないこと、生理中は避けることなどが挙げられます。
自己処理にカミソリや毛抜きを使用してしまうと、肌を傷つけてしまうため、電気シェーバーの使用がおすすめです。

また、脱毛前後は紫外線をなるべく浴びないようにしましょう。
脱毛前に日焼けしてしまうと、照射した時に肌の黒い部分に強く反応してしまいます。
脱毛後は肌が敏感になっていますので、紫外線を浴びると炎症のリスクが高まるのが注意点です。

生理中の注意点としては、VIO脱毛やヒップの脱毛はできませんので気をつけましょう。
他の部位は脱毛できるサロンやクリニックもありますが、痛みを感じやすくもなっていますから、なるべくキャンセルして他の日に脱毛した方が安心です。

脱毛後にVIOが痒い・・

脱毛後にVIOが痒い、チクチクすると悩んでいる女性もいます。
痒い原因としては、VIO脱毛して毛がなくなると肌と下着が直接触れますので、今までとは違う摩擦と刺激で痒みやチクチクを感じてしまいます。

また、VIO脱毛処理後は肌が敏感になっていますので、特にVIOはデリケートな部位ですから、炎症や乾燥により痒いと感じることがあります。

痒いのを抑える対策としては、保湿ケアを欠かさないこと、摩擦で肌に刺激を与えてしまうような締め付ける下着は避けることです。
もし脱毛後のVIOが痒いのに我慢できない時は、同じ悩みを沢山聞いているサロンまたはクリニックのスタッフに相談してみましょう。

医療脱毛の服装と格好は?

医療脱毛する時の服装ですが、注意点は脱毛サロンと同じです。
特に医療脱毛だからといって、おすすめの服装や格好に違いがあるわけではありません。

ほとんどの医療脱毛クリニックでは、専用のガウンなど着替えが用意されています。
そのため、基本的には普段の服装で行っても大丈夫ですよ。

服装の注意点があるとすれば、着脱しやすい格好の方がいいでしょう。
脱毛は予約制で時間制限もあるため、着替えに時間がかかってはもったいないです。

トップスにゆったりしたボトムスなど、着脱しやすく肌に密着しすぎない格好の方がいいでしょう。

医療脱毛の注意点は?

医療脱毛の注意点を、脱毛前と脱毛後に分けて確認していきましょう。

まず脱毛前ですが、自己処理を忘れずに行ってください。
自己処理を行う期日はクリニックにより異なりますが、基本的に施術前日までに脱毛する部位の事前処理が必要です。

医療脱毛のレーザーは黒い部分に反応しますので、日焼けすると脱毛できないケースもあります。
日焼け対策をしっかりとして、紫外線から肌を守りましょう。

生理中はVIO脱毛できないため、当日生理がきそうな場合はキャンセルした方が安全です。

また、脱毛後の注意点としては、しっかりと保湿する・毛は抜かずに自然と抜け落ちるのを待つ・日焼けしないように紫外線は避けるなど、敏感になっている肌を守るための対策をしてください。

VIO脱毛の服装と格好のまとめ

VIO脱毛する時の服装と格好について見てきましたが、基本的には何を着ていっても大丈夫です。
脱毛サロンや医療脱毛クリニックより異なりますが、ガウンなどの着替えは用意されています。

髪型もショートならそのままで平気ですし、ロングなら簡単にまとめて髪の毛を結ぶといいでしょう。

VIO脱毛に限らずですが、脱毛する時の服装の注意点としては、着脱に時間のかからない格好がおすすめです。
トップにゆったりしたボトムスなど、肌への密着が少ない服装の方が脱毛時には適しています。

また、顔脱毛しない時は、化粧をしていっても問題ありません。
VIOのみ脱毛するなら、普段と同じメイクで大丈夫ですが、ベッドに横になり体勢を変えたりするので、化粧が崩れてしまいやすいのは気をつけておきましょう。

化粧が崩れても、ほとんどのサロンやクリニックにパウダールームがありますので、落ち着いて化粧直しできます。

タイトルとURLをコピーしました