【ストラッシュの解約】やめたい!返金や違約金はある?クーリングオフの方法

ストラッシュの解約方法

ストラッシュの解約方法について、返金はいくら?違約金や解約手数料はかかるの?
など、やめたい!と思ってからスムーズに途中解約できる方法を紹介しています。
妊娠中は休会制度があるって本当!?クーリングオフの書き方や再契約のやり方も!

ストラッシュやめたい!途中解約の方法について

ストラッシュやめたい!

ストラッシュ解約手順1・契約店舗またはコールセンターに解約の電話をする

ストラッシュのコールセンター

【電話番号】0120-961-678
【受付時間】11:00~20:00

ストラッシュを解約してやめたい場合は、契約店舗またはコールセンターに電話してください。
解約したいことを伝えると、手続きの方法を案内してくれます。
ストラッシュは各店舗で電話を受け付けていますので、契約している店舗へ直接電話しても大丈夫です。
クーリングオフする場合や、直接店舗へ電話するのが気まずいときは、ストラッシュのコールセンターへ電話しましょう。
電話しただけでは解約できないため、契約した店舗で解約手続きを行う必要があります。
ネットや書類郵送での解約手続きもできませんので、契約店舗へ来店することになります。

契約店舗に電話し手続きの日時の予約を入れる

まず、契約店舗かコールセンターに電話して、解約手続きをする日時を予約しましょう。
連絡せずに契約店舗へ来店しても対応できないため、途中解約したいときは必ず事前に予約してください。
ストラッシュを途中解約する場合、残りの施術回数により返金があります。
返金額はいくらなのか知りたいときは、コールセンターへ電話すると教えてくれます。
契約店舗のスタッフは、その場では返金額がわからないため、コールセンターへ連絡して確認しましょう。
また、途中解約するときの違約金ですが、返金がある場合は解約手済料として返金額から引かれることになります。
返金がない場合または返金対象外のプランは、解約手済料は0円ですから違約金もありません。

ストラッシュ解約手順2・契約店舗で解約手続き

解約手続きの予約をした日時に、ストラッシュの契約店舗へ来店してください。
面倒な話や難しい手続きはありませんので、緊張しなくても大丈夫ですよ。
受付を済ますと案内されますので、解約するのに必要な書類を記入していきます。
内容を確認して、必要事項を記入するだけですから簡単なものです。
途中解約で返金がある場合は、返金額と解約手数料を教えてもらえますので、金額はしっかりと確認してください。
解約書類にサインすると、指定された返金額を了承したことになります。
事前にいくらくらい返金されるのか計算しておいた方がいいでしょう。
もし返金額や解約手数料に疑問があれば、その場で解約書類にサインする前に確認するようにしてください。

引っ越す場合は解約手続き後の方が良い

ストラッシュを途中解約する場合、基本的に契約店舗で解約手続きを行います。
そのため、引っ越し予定のある方は、引っ越しする前に解約手続きをしておきましょう。
新しい街に引っ越してからでは、契約店舗まで行くのが大変なこともありますよね。
もし契約店舗以外で解約手続きしたいときは、コールセンターへ電話して相談しましょう。
また、返金がない場合は、解約せずにそのままにしておく方もいらっしゃいます。
徐々に通わなくなりフェードアウトするのは、脱毛サロンでなくてもありますよね。
何か料金がかかることもないので、解約しなくても特にデメリットはありません。
実は、私も今は脱毛が完了しているので通っていないですが、解約していません・・

強引な引き止めはありません

解約手続きのために契約店舗へ来店するのは気まずかったり、引き止められるのでは?と心配になる方もいるかと思います。
解約する状況によっては気まずいこともありますが、相手も気まずいのは同じですから気にしなくて大丈夫です。
それに、強引に引き止めることはありません。
何かあればSNSで拡散されることも考えられるので、今はほとんどの脱毛サロンで強引な勧誘や引き止めはないと思っていいでしょう。
ストラッシュは、しつこい勧誘は一切しないと公式サイトで宣言しています。
途中解約するときの引き止めも同様ですから、心配になってしまう方も安心してください。
もし、今解約しても返金がないので継続しても変わらないといった場合は、話を聞いてみるのもいいですよね。

解約理由は正直に話してOK

解約理由は聞かれたくない方がほとんどだと思いますが、ほぼ確実に聞かれると思っていた方がいいでしょう。
「仕事が忙しくて通えない」「体調を崩してしまった」「通うのが思ったよりも大変」など、当たり障りのない言い訳でも構いません。
ただ、そのような理由であれば、ストラッシュは休会制度があるので、休会を進められるかもしれません。
「効果を実感できない」「予約が取れない」など、解約する理由は正直に話しても大丈夫です。
もし特に理由がなれけば「引っ越し先に店舗がない」といった感じでもいいと思います。
ただ、他の脱毛サロンに乗り換える方は、やめたい言い訳だけを伝えて、乗り換えることは隠しておいた方がいいかもしれません。

ストラッシュの解約に必要なもの1・印鑑

解約手続きに必要な持ち物

・身分証明書
・印鑑
・キャッシュカードや通帳

ストラッシュで解約手続きするときは「身分証明書」「印鑑」「キャッシュカードや通帳」を持参してください。
まず「身分証明書」は、免許証・保険証・パスポートなどです。
持っていかなくても解約できますが、一応持参した方がいいでしょう。
「印鑑」は必須ですが、シャチハタ以外でしたら普通の印鑑でも大丈夫です。
解約書類には、署名と印鑑が必要となりますので、忘れずに持っていきましょう。

ストラッシュの解約に必要なもの2・口座番号がわかるもの(キャッシュカード、通帳など)

ストラッシュでは、解約時の返金は銀行口座へ振り込まれます。
振り込んでもらう口座番号がわかるキャッシュカードや通帳を持参してください。
ネット銀行は対応していない銀行もありますので、事前に確認しておいた方がいいでしょう。
また、契約時にクレジット決済した場合は、使用したクレジットカードが必要です。
解約手続きの所要時間は、30分もあれば終わってしまいます。
手続きは簡単なものですから、忘れ物がないように必要な持ち物は確認しておきましょう。

ストラッシュの解約手数料・返金可能期限について

ストラッシュの解約手数料・違約金

ストラッシュは契約期間中の中途解約はいつでも可能

ストラッシュでは契約期間中でも、中途解約はいつでも可能です。
契約してから8日以内の場合は「クーリングオフ」になりますが、9日以上の場合は中途解約になります。
クーリングオフするときは、解約手数料(違約金)はかからないので全額返金されます。
中途解約するときは、返金額から解約手数料を引いた金額が返金されます。
施術を何回か受けた後でも、中途解約できるので安心してください。
中途解約したい理由は色々とあると思いますが、解約理由は問われませんので大丈夫ですよ。
また、中途解約するといくら返金されるのか気になりますよね。
基本的に残りの施術回数分は返金されますが、契約プランにより返金保証は決められているので確認しておきましょう。

ストラッシュの返金保証1・無制限プランの返金は5回目までが対象

ストラッシュの無制限プランは、5回目の施術を受けるまでに解約すると返金の対象です。
例えば無制限プラン「全身脱毛の完了コース」の返金額を計算してみましょう。
もし仮に「全身脱毛の完了コース」が360,000円とすれば、総額を6で割ると1回あたりの返金額になります。

無制限プランの返金額の計算例

【施術1回】300,000円-解約手数料(20,000円)=280,000円
【施術2回】240,000円-解約手数料(20,000円)=220,000円
【施術3回】180,000円-解約手数料(18,000円)=162,000円
【施術4回】120,000円-解約手数料(12,000円)=108,000円
【施術5回】60,000円-解約手数料(6,000円)=54,000円
【施術6回】返金なし(解約手数料なし)

施術5回目までは返金されますが、6回目以降は返金なしとなります。
なお、乗り換え割や学割など割引キャンペーンを利用した場合は、割引価格を元にして返金額は計算されます。

無制限プランは6回目以降の返金はなし

全身脱毛の無制限プランは、施術を6回受けると返金額が0になるのは厳しいですよね。
6回目以降の返金はなしですから、途中解約するなら継続した方がお得です。
解約しなくても追加料金はかからないので、途中解約する理由も特にありません。
脱毛効果には個人差もありますが、ストラッシュの全身脱毛は6回目くらいで自己処理が楽になる部位が出てきます。
何か肌トラブルが起きてしまったなどの理由であれば別ですが、6回目までの施術で効果がないからと解約するのはもったいないです。
ストラッシュは年会費や更新料も必要ないため、継続していても損はないですよね。
中途解約するなら、脱毛効果に満足してもう通わなくなってからがいいでしょう。

ストラッシュの返金保証2・回数パックプランの返金は残りの回数分が対象

ストラッシュの回数パックプラン(全身脱毛の回数コース)は、残りの施術回数分が返金対象となります。
例えば「全身脱毛の18回コース」なら、総額を18で割った金額が1回あたりの返金額です。
もし仮に「全身脱毛の18回コース」が270,000円とすれば、施術1回あたり15,000円ですよね。
料金も明確ですから、今解約したらどのくらい返金されるか計算もしやすいです。
最大2万円の解約手数料はかかりますが、単純に残り回数分が返金されるため、わかりやすく納得の返金額ですよね。
ストラッシュで全身脱毛したい!でも何回コースにしようか迷ったときは、18回コースにして脱毛効果に満足できたら途中解約するのがリスクは少ないです。

ストラッシュの月額制プランは解約期限なし

ストラッシュの全身脱毛「月額制プラン」は、解約期限がなくいつでも退会できます。
ただし、退会する場合は1ヶ月前に申請する必要があります。
月払いなので返金はありませんが、解約手数料(違約金)もないため始めやすく、やめたいときに解約できるのがメリットです。
ストラッシュの月額制プランは、ローンを組まなくていいので、本当に月額料金だけ払えば全身脱毛することができます。
脱毛初心者やストラッシュの脱毛を試してみたい方にぴったりのプランです。
払った分だけ脱毛できる、都度払いのような感覚で全身脱毛できてしまいます。
脱毛効果を感じられなかったり、やめたいと思ったら解約すれば支払いも止まるので、リスクはほとんどないですよね。

ストラッシュの解約手数料は返金額の10%(最大2万円)

ストラッシュで途中解約したときの解約手数料は、返金額の10%になります。
解約手数料は最大2万円ですが、この金額は特定商取引法で定められたものです。
もし返金額の10%が2万円を超えても、解約手数料は2万円ですから安心してください。
ストラッシュの解約手数料が返金額の10%なのも、特定商取引法で決められているからです。
脱毛サロンは解約手数料が低く設定されているので、返金額の10%もしくは最大2万円という金額は、利用者にとっては負担が少なくありがたい制度です。
解約手数料が高いなと思ってしまうかもしれませんが、返金額の20%もしくは最大5万円という業種もあるので、かなり優遇されているのは知っておくといいでしょう。

ストラッシュの返金額は解約後1~2週間ほどで指定の口座に振り込まれる

ストラッシュで途中解約して返金の手続きをすると、約1週間~2週間ほどで指定の銀行口座に振り込まれます。
いつ頃に振り込まれるかは、解約手続きのときに教えてくれます。
振込される金額(返金額)も教えてくれますので、振込があったら確認してください。
特に返金手続きが完了しても連絡はこないので、振込されたことで手続きが完了となります。
返金額が大きいとちゃんと振り込まれるのか不安になりますが、少しの間我慢しましょう。
もし解約時に教えてもらった期日を過ぎても振り込みがない場合は、コールセンターに問い合わせてください。
解約手続きをした店舗に電話してもいいですが、何となく気まずいですよね・・
コールセンターなら気を使う必要もないので、電話しやすい方に問い合わせましょう。

ストラッシュの解約の注意点

ストラッシュの保証期間

ストラッシュの保証期間と解約期限は異なる

ストラッシュの全身脱毛コース(回数コース・通い放題)には保証期間が設けられています。
保証期間とは、途中解約したときに返金が可能となる期間のことです。
契約期間や有効期限ともいわれますが、保証期間と契約期間は異なる脱毛サロンもありますので気をつけましょう。
また、ストラッシュの保証期間と解約期限は異なるため、混同しないようにしてください。
保証期間を過ぎると返金はありませんが、解約期限は特に設けていないため、いつでも解約することができます。
サイトによっては、保証期間を解約期限と表記しているのでわかりづらいですよね。
ストラッシュは最短2週間に1回のペースで通えるため、他の脱毛サロンよりも保証期間が短めの設定になっています。

保証期間内なら残りの回数の応じた返金あり

全身脱毛コースの保証期間

【6回コース】 10ヶ月
【10回コース】1年3ヶ月
【12回コース】1年6ヶ月
【18回コース】2年
【完了コース】 5年

ストラッシュで全身脱毛コース(回数コース・通い放題)を契約した場合、保証期間内であれば残りの施術回数により返金があります。
契約した全身脱毛コースにより保証期間は異なりますので、カウンセリングのときに必ず確認しておきましょう。
ストラッシュは他の脱毛サロンよりも短い間隔で通えて、予約も取りやすいので保証期間が短くても大丈夫なんですね。
最新のSHR脱毛は毛周期に関係なく効果を発揮するので、保証期間内の施術で十分に効果を感じられます。
そのため、ストラッシュは早く全身脱毛を完了したい方におすすめです。

保証期間を過ぎると返金が一切なくなるので注意

保証期間を過ぎても解約はできますが、返金は一切なくなるので注意してください。
ストラッシュの保証期間は有効期限にもなるため、保証期間内に契約した回数の施術を受けることになります。
余裕をもって通える十分な保証期間を設けていますが、妊娠などで通えなくなったときは保証期間を延長できます。
簡単な手続きで最長2年間延長できますから、妊娠中は身体の安全を優先させてくださいね。
また、ストラッシュの月額制プランと都度払いには保証期間がありません。
そのため全身脱毛の月額制プランは返金対象とはなりませんが、自分の好きなタイミングで解約することができます。
都度払いは施術を受けるごとに支払うシステムですから、保証期間はなく返金もありません。

6回パックプランは契約から10ヶ月以内に解約の申告が必要

ストラッシュの全身脱毛6回パックプランは、保証期間が10ヶ月となります。
そのため、途中解約して返金してもらいたい場合は、10ヶ月以内に解約の申告が必要です。
他の脱毛サロンでは、6回コースの保証期間は1年くらいのところが多いです。
ストラッシュは最短2週間~1ヶ月のペースでコンスタントに通えるので、保証期間が10ヶ月でもだいぶ余裕を設けています。
ほとんどの脱毛サロンでは、早くても1~2ヶ月のペースですから、1年でもギリギリに通える感じですよね。
全身脱毛を6回受けると、脱毛効果を感じ始めて自己処理が楽になってくる頃です。
ストラッシュの脱毛を気軽に試せる回数と金額ですから、脱毛初心者の方にもおすすめです。

12回パックプランは契約から1年6ヶ月以内に解約の申告が必要

ストラッシュの全身脱毛12回パックプランは、保証期間が1年6ヶ月となります。
残りの施術回数分を返金してもらうには、1年6ヶ月以内に解約の申告が必要です。
他の脱毛サロンでは、1年6ヶ月で12回通うのはかなりのハイペースで厳しいですよね。
そもそも1年6ヶ月で12回も予約が取れません。
ストラッシュなら予約が取りやすいですし、最短2週間のペースで通えますから1年6ヶ月で十分なんです。
全身脱毛を12回受けた頃には、ほとんどの部位で自己処理が楽になり、太い毛はもちろん産毛も脱毛効果を感じてきます。
脱毛効果を感じる目安といわれる4~6回の施術を受けても、全く効果を感じられないときは、残りの回数分を返金してもらうことを検討した方がいいかもしれません。

18回パックプランは契約から2年以内に解約の申告が必要

ストラッシュの全身脱毛18回パックプランは、保証期間が2年となります。
残りの施術回数分を返金してもらう途中解約するには、2年以内の申告が必要です。
他の脱毛サロンでは、2年間で18回も全身脱毛してもらうのは、最短でもかなり頑張らないと無理ですよね。
最短2週間に1回のペースで通えるストラッシュなら、予約も取りやすいので、2年間で18回通うのも余裕の範囲です。
もし18回消化する前に脱毛効果に満足できたら、残りの回数分を返金してもらえます。
解約手数料はかかりますが、きちんと施術を受けていない分は返金されるので、回数に迷ったら18回コースを選ぶのがおすすめです。
15回くらいで脱毛効果の満足して、残りの3回分を返金してもらえたら最高ですよね。

回数無制限プランは途中解約すると損をしてしまう(返金額が他のプランに比べて少ない)

ストラッシュの回数無制限プラン(全身脱毛の完了コース)は、ちょっと特殊な保証制度になっています。
回数無制限ですが、返金されるのは5回目の施術を受けるまでとなります。
6回目の施術を受けると、保証期間であっても返金はありません。
全身脱毛の無制限プランは値段も一番高いので、1回でも施術を受けると返金額はかなり少なくなってしまいます。
そのため、ストラッシュの無制限プランは、途中解約しないことを前提に契約しないと後悔するかもしれません。
回数無制限なので普通に通うには安すぎるプランですが、途中解約するリスクはあることを覚えておきましょう。
もし途中解約する可能性があるなら、回数コースにしておいた方がリスクは少ないです。

ストラッシュの解約(クーリングオフ)について

ストラッシュのクーリングオフ

クーリングオフの条件1・契約日から8日以内

クーリングオフの条件

・契約日から8日以内
・契約期間が1ヶ月以上
・契約金額が5万円以上

ストラッシュでは、特定商取引法に基づきクーリングオフすることができます。
クーリングオフ制度は、契約後でも決められた期間内に解約すると、無条件で契約を解除することができ全額返金されます。
消費者を守るために法律で定められた制度ですから、冷静になり考えてみたらやっぱりやめたい・・など、契約内容に納得できないときは遠慮せずにクーリングオフを利用してください。
ただし、クーリングオフするには契約日から8日以内の期限があります。
契約日を1日目として8日以内に書面で申告する必要があるので、期限を過ぎてしまわないように気をつけましょう。

クーリングオフの条件2・契約期間が1ヶ月以上

クーリングオフの条件として、契約期間が1ヶ月以上のものが対象になります。
脱毛契約が1ヶ月以内のものはクーリングオフできないので、ストラッシュでは月額制プランや都度払いは対象外です。
全身脱毛の回数コースや完了コースは、クーリングオフの対象ですから安心してください。
ただし、クーリングオフできる期間=契約期間ではありません。
あくまでクーリングオフは、契約日から8日以内に解約の申し込みがあった場合のみ有効です。
契約日から8日を過ぎると、クーリングオフではなく途中解約になります。
ストラッシュの途中解約は、全額返金ではなく解約手数料が必要です。
なお、施術を1回も受けていなくても、途中解約の場合は解約手数料が必要になるので気をつけましょう。

クーリングオフの条件3・契約金額が5万円以上

また、クーリングオフの対象となるのは、契約金額が5万円以上の脱毛契約です。
5万円以内の脱毛契約は、契約日から8日以内でもクーリングオフの対象にはなりません。
契約金額が5万円以上は、定価ではなく割引後の契約金額で消費税込です。
また、クーリングオフの条件は全て満たしている必要があります。
「契約日から8日以内」「契約期間が1ヶ月以上」「契約金額が5万円以上」の条件を満たすと、クーリングオフすることができます。
全身脱毛は高額になりますから、クーリングオフがあるのは助かりますよね。
帰宅してよく考えてみたら、本当に必要なのかわからなくなってきた、ローンを組んだけど払えるか不安など、クーリングオフするか検討できる時間があるのは安心です。

ストラッシュの解約(クーリングオフ)は書面での通知が必要

ストラッシュのクーリングオフのやり方は、書面での通知となります。
契約解除通知書を作成するのですが、郵便ハガキで大丈夫です。
クーリングオフは契約日から8日以内が期限のため、郵送期限も8日以内の消印が有効です。
契約日から8日目の当日消印有効なため、郵便局の窓口で消印を押してもらいましょう。

また、電話でクーリングオフしたい旨を伝えたいときは、コールセンターへ連絡してください。

ストラッシュのコールセンター

【電話番号】0120-961-678
【受付時間】11:00~20:00

コールセンターへ電話したときでも、書面での通知は必ずしておきましょう。
証拠として残せることが大切です。
クーリングオフ(契約解除通知書)の書き方は、以下を参考にしてください。

契約解除通知書に必要な記載事項

記載事項 書き方の例
タイトル 通知書
解約の意思表示 以下の契約を解除します。
契約年月日 〇〇年〇月〇日
契約内容 〇〇〇〇プラン
契約金額 〇〇〇〇〇〇円
販売会社 株式会社クリア
契約店舗 ストラッシュ○○店
担当者 ※わからないときは不要
契約解除の文言 支払った代金〇〇円を返金し、契約を解除してください。
書面の郵送日 〇〇年〇月〇日
自分の情報 住所・氏名

ストラッシュのクーリングオフの通知先

クーリングオフの通知先

【会社名】株式会社クリア
【本社所在地】〒150-6034 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー34F
【代表取締役】柴田 結花

クーリングオフの注意点1・ローン、クレジット利用の場合は信販会社・クレジット会社にも書面を通知する

ストラッシュで契約したときに、支払い方法を「ローン(分割払い)」または「クレジットカード」にした方は、信販会社またはクレジット会社にも書面を通知する必要があります。
脱毛の契約はストラッシュですが、支払いは信販会社またはクレジット会社で別になるため、返金してもらうには契約解除通知書を送付しないといけません。
信販会社またはクレジット会社への通知も、契約日から8日以内が期限になりますので注意してください。
クレジット会社の送付先は、使用したカード会社になるので大丈夫ですよね。
ローンを組んだ信販会社の送付先は、契約書に記載されていますので、捨てずに保管しておきましょう。
現金で支払いをした場合は、ストラッシュへの通知だけで大丈夫です。

クーリングオフの注意点2・簡易書類または特定記録郵便で送付

クーリングオフの書面は、とにかく証拠を残すことが大切です。
ハガキを郵送するときは「簡易書類」または「特定記録郵便」で送付してください。
簡易書類または特定記録郵便でも、クーリングオフするには、契約日から8日以内の消印が有効なことに変わりはありません。
郵便局がお休みでも8日以内の期限となりますので、年末年始を挟んでしまう場合は特に気をつけましょう。
簡易書類と特定記録郵便は、配達したことが記録されるため、クーリングオフのような大切な書類の郵送に利用されます。
クーリングオフの書面が、郵送先に届いたかをネットで確認できるので安心ですよね。
手続きは面倒ですが、クーリングオフは全額返金されるので、少しの辛抱です。

クーリングオフの注意点3・送付した書面はコピーして保管する

クーリングオフで送付する書面は、必ずコピーをとって保管してください。
コピーするときはハガキの両面を残しておきます。
その際に、簡易書類または特定記録郵便の郵送記録と一緒に保管しておきましょう。
ストラッシュと信販会社またはクレジット会社に、送付したクーリングオフの書面が届いても、受領通知や連絡は特にありません。
書面のコピーと郵送記録だけが頼りとなりますので、忘れずにコピーはしておいてください。
また、返金を確認できれば必要ないと思われても、書面のコピーと郵送記録は念のため5年間は保管しておきましょう。
色々と不安になるかもしれませんが、クーリングオフは消費者を守るための制度なので、何かあれば消費生活センター等に相談することもできますよ。

クーリングオフの注意点4・クーリングオフは来店不要

ストラッシュでクーリングオフする場合、書面の郵送だけで済みますので、店舗へ来店する必要はありません。
契約した店舗に行ってクーリングオフするのは、かなり気まずいですよね・・
しかもクーリングオフは契約日から8日以内が有効ですから、迷っている時間もありません。
契約店舗への来店不要ですから、自分には必要ないからやめたいと思ったときでも、気まずい思いはせずに解約できます。
クーリングオフの期間を過ぎてからの解約は、途中解約となりますので契約店舗へ来店して手続きを行います。
契約日から8日目と9日目では、1日違うだけで解約方法が異なりますので気をつけましょう。
途中解約となってしまっても、解約手数料(最大2万円)を払えば解約はできます。

クーリングオフの注意点5・支払い額の全額が返金される(手数料なし)

クーリングオフは解約手数料や違約金なしで、契約時に支払いした全額が返金されます。
契約日から8日以内であればクーリングオフは有効ですから、契約した内容をじっくり考慮できる時間があるのは有難いですよね。
支払いできるか急に不安になったときも、クーリングオフ制度があるとないでは大違いです。
返金は指定した銀行口座へ振り込まれますが、書面を郵送してから1~3週間後となります。
クーリングオフは書面の郵送になるので、確認するまでに日数が必要ですから、途中解約よりも返金に期間を要します。
また、クーリングオフできたかを確認する方法ですが、いつ返金されるかなどの通知はないため、指定口座への振り込みがあったことで手続きが完了したと思っていいでしょう。

ストラッシュの解約に関するよくある質問

ストラッシュの再契約

以前にストラッシュを解約しても再契約はできますか?

ストラッシュを解約したことがあっても、再契約することはできます。
再契約するときも、カウンセリングを受けて契約する流れは初回のときと同じです。
カウンセリング予約もWEBまたはコールセンターに電話してください。
解約するにも様々な理由がありますから、再契約するときに気にする必要はありません。
忙しくて通えなくなった、引っ越し先に店舗がないなど差支えのない理由だと思います。
脱毛効果を感じられない、予約が取れないといった理由で解約していれば、同じ脱毛サロンで再契約することもないですよね。
時間が経てばスタッフの方も入れ替わっていますし、気まずくなることもないでしょう。
もし気になるのであれば、近隣の別店舗で契約するのもいいですよね。

再契約の場合は新規キャンペーンの利用はできますか?

ストラッシュで再契約する場合、以前に契約した店舗では、過去に利用したキャンペーンの再利用はできません。
別の店舗で契約する場合は、再契約でも新規キャンペーンの利用が可能です。
解約というとマイナスのイメージですが、好意的な解約もあります。
過去に部分脱毛コースでストラッシュに通っていたけど、脱毛効果に満足できたから解約したというのは普通ですよね。
全身脱毛の月額制コースにお試しで4ヶ月通った後、本コースに再契約したいから解約するケースもあります。
前向きな解約理由もあるため、ストラッシュでは再契約する場合に、過去に利用したキャンペーンでなければ使うことができます。
返金を伴う解約も同様ですが、再契約したいということは、前向きな解約理由がほとんどですよね。

ストラッシュ解約後にもローン(支払い)が残ることはありますか?

ストラッシュの契約を解約しても、施術を受けた回数によっては、ローン(分割払い)が残ることはあります。
というのも、施術を受けた分は支払わないといけないので、施術を受けるペースよりもローンの支払いの方が遅いときは、脱毛した分を払い終わるまでローンは残ります。
ローンの支払いの方が進んでいる場合は、解約後にローンは停止され、多く支払っている分は解約手数料を引いて返金されます。
分割回数を多くすると、脱毛期間よりもローン期間の方が長いこともありえますよね。
ストラッシュは最短2週間のペースで通えますから、例えば36回払いにすると3年ですから、脱毛が完了する方が早くなります。
また、クーリングオフは全額返金のため、解約後にローンの支払いが残ることはありません。

解約理由はどのように答えれば引き止めされませんか?

クーリングオフは解約理由を問われないので、聞かれることもありません。
そもそも書面を郵送するだけですから、引き止められるすべもないので安心してください。
途中解約は契約した店舗で手続きをしますので、形式上必ず解約理由は聞かれると思った方がいいでしょう。
ですが、解約理由は難しく考えなくて大丈夫です。
もし本当の理由を言えないときは「仕事が忙しくなり通えなくなった」「引っ越し先に店舗がないので通えない」など、当たり障りのない理由を用意しておくのもありです。
友人は「失恋したのでやめたい」という理由で、引き止められずに解約しましたから・・
まだ数回しか施術を受けていないのに、脱毛効果を感じられないという理由では、もう少し続けてみませんか?となるのは、誰でも普通のことですよね。

解約のために来店するのは気まずいのですが、来店は必須ですか?

クーリングオフの場合は、書面を郵送すれば手続きは完了するため、来店する必要はありません。
途中解約の場合は、契約した店舗に来店して手続きを行います。

また、コールセンターへ解約の電話をした場合も、契約店舗で解約手続きをする日時の予約をすることになります。

ストラッシュのコールセンター

【電話番号】0120-961-678
【受付時間】11:00~20:00

引っ越しなどの理由で契約店舗へ来店できないときは、別の店舗での解約手続きも可能です。
コールセンターへ電話して、解約手続きを行う店舗へ来店する予約を入れてください。
関係書類を郵送しての解約手続きを希望する方は、理由によっては可能なケースもありますので、コールセンターで相談しましょう。

クーリングオフ期間を過ぎてからでは対象になることはありませんか?

ストラッシュではクーリングオフ期間(契約日から8日以内)を過ぎると、クーリングオフの対象にはなりませんが、途中解約という形で退会することができます。
クーリングオフは全額返金ですから、解約手数料や違約金は必要ありません。
途中解約になると、解約手数料(違約金)として最大2万円かかりますが、施術を受けていない分を返金してもらえます。
簡単にいえば、解約手数料(最大2万円)を払えば解約できるということになります。
ストラッシュが定めている解約手数料の最大2万円は、特定商取引法で定められている金額ですから、解約することで不利益になるものではないです。
返金額についても、法律で守られながら解約できるので安心してください。

ストラッシュの解約方法や返金についてまとめ

ストラッシュの解約方法まとめ

ストラッシュの解約方法は、契約した店舗で解約手続きを行うことになります。
途中解約は施術を受けていない回数分の返金があるので、やめたいと思ったら保証期間内に解約した方がお得です。
解約手数料(違約金)は、特定商取引法で定められた最大2万円です。
クーリングオフのやり方は、契約日から8日以内に書面で通知するだけですが面倒ですよね。
ストラッシュは一度解約しても、改めて再契約することができます。
妊娠中は休会制度もありますので、解約しなくても契約期間の延長が可能です。
ストラッシュの返金額やクーリングオフは、特定商取引法で決められた通りですから、安心して解約することができます。
全身脱毛の通い放題プランは、途中解約しない方がお得なので、脱毛効果を感じるまで通うことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました