永久脱毛を自宅で!家庭用脱毛器は効果ない&セルフ脱毛できない?

永久脱毛を自宅でしたい!みんなが思っていることですよね。
自分でセルフ脱毛できたら楽なのに・・家庭用脱毛機は効果ないの?など、気になる情報をまとめています。

永久脱毛できるのは医療脱毛だけ!なのが、今の常識となっています。
自宅で行える家庭用脱毛機やセルフ脱毛では、永久脱毛できないたのは覚えておきましょう。

また、「脱毛」「抑毛」「除毛」の違いを解説しています。
それぞれのセルフ脱毛におすすめの方法を挙げているので、自分でどこまで脱毛できるのか確認してください。

自宅で永久脱毛はできませんが、セルフ脱毛する方法として圧倒的に人気なのが家庭用脱毛機になります。
安全で効果の高いお気に入りの一台を見つけてください。

永久脱毛は自宅でセルフ脱毛できないって本当?

永久脱毛は自宅ではできない!

永久脱毛を自宅でする方法は、現在の技術力をしてもありません。
セルフ脱毛では永久脱毛できないため、医療脱毛クリニックなどに通うのが最善の方法です。

自分でセルフ脱毛するのが一番簡単で、可能性があるとしたら家庭用脱毛器ですよね。
ですが、市販されている家庭用脱毛器は出力パワーが低いため、抑毛・減毛の効果がメインとなります。
効果ないわけではありませんが、永久脱毛はできないのでムダ毛はまた生えてきます。

あくまでセルフ脱毛の目的は抑毛・減毛になるので、永久的な効果を求めている方は医療レーザー脱毛がおすすめです。
最近は痛みの少ないクリニックも増えてきましたので、医療脱毛は痛い!という今までの常識が覆りますよ。

自宅で永久脱毛の効果がある方法はない

永久脱毛するには毛根を破壊するほどのダメージを与えないといけません。
そのため、例えば毛抜きで抜いても毛根は生きているので、しばらく期間が経つとまた生えてきますよね。

毛根を破壊するほどのレーザーを照射するのは医療行為になりますので、そもそも家庭用脱毛器では実現できません。
自宅のセルフ脱毛で永久脱毛するためには、技術が進歩して新しい方法が見つからないと難しいでしょう。

脱毛ワックスや抑毛ローション、除毛クリームも永久脱毛できないので、一時的な効果しかありません。
また、自己処理を楽にすることは可能でも、抑毛や除毛の薬品が思っている以上に肌にダメージを与えるのは知っておきましょう。

永久脱毛・脱毛・抑毛・除毛の違いは?

永久脱毛

永久脱毛とは、一度脱毛すれば永久に生えてこないという意味を想像しますよね。
ですが、実際は施術後に再び生えてくる本数が減少して、長期間に渡り効果を維持できることが永久脱毛の定義です。

また、永久脱毛するには医療用のレーザー脱毛器での施術が必要となります。
そのため脱毛サロンではなく、医療従事者がいるクリニックでしか施術を受けられません。

医療用のレーザーを毛根に照射して破壊することで、毛を生えなくするのが医療脱毛です。
確実に毛根が破壊されると毛は生えなくなるため、半永久的に脱毛効果を維持できます。

脱毛

脱毛とは、ムダ毛を毛根から処理する(引き抜く)をいう意味になります。
方法としては、「毛抜き」「脱毛テープ」「家庭用脱毛器」「脱毛サロン」「医療脱毛」など、効果の低いものから高いものまで幅広いのが特徴です。

ただ、ピンセットで毛を抜いたり脱毛テープで引き抜く方法は、肌を傷めたり毛穴が炎症を起こしてしまいます。
自宅で簡単にセルフ脱毛できますが、肌トラブルのリスクが高くおすすめできません。

医療脱毛は永久脱毛になりますから、一般的には「家庭用脱毛器」と「脱毛サロン」が脱毛のイメージに近いでしょう。

抑毛(よくもう)

抑毛(よくもう)とは、ムダ毛の成長を抑えながら毛を細くして目立たなくします。
抑毛ローションやジェルなど、使い続けることで毛量が少しずつ減っていく成分を含んでいるのが特徴です。

パイナップル豆乳ローションは有名ですから、自宅でセルフ脱毛するのに使用した方もいるのではないでしょうか。
ムダ毛の成長にはホルモンが大きく影響しているため、自然由来の成分で発毛を抑えることで毛量は少しずつ減っていきます。

抑毛ローションは塗るだけで簡単なのがメリットで、痛みもなく肌にやさしい方法です。
ただ効果は薄く即効性もないため、効果を保つには使い続ける必要があるのはデメリットといえるでしょう。

除毛

除毛とは、肌(皮膚)の表面にあるムダ毛を除去することです。
自宅でいつも、電気シェーバーやカミソリで自己処理しているのは除毛になります。

自分でムダ毛を減らす方法として最も簡単ですが、カミソリは肌荒れが起きやすくデメリットが多いです。
除毛クリームも、肌の角質まで影響してしまうため、あまりおすすめの方法ではありません。

脱毛は「毛根」から処理しますが、除毛は「毛幹」を処理するのが違いとなります。
除毛してもまた少しずつ伸びてくるのは、髪の毛を切ったときと同じです。

自宅でのセルフ脱毛におすすめの方法は?

家庭用脱毛器

自宅でセルフ脱毛するなら、最も効果が高いのは家庭用脱毛器でしょう。
家庭用脱毛器では永久脱毛できないとしても、脱毛サロンの業務用脱毛機と同レベルの出力パワーを備えた商品も販売されています。

また、脱毛しながら美肌効果もある家庭用脱毛器が増えてきたので、自分でセルフ脱毛するには最適な方法です。

家庭用脱毛機で一番有名なのは「ケノン」ですよね。
最近は脱毛サロンが開発した家庭用脱毛器も販売されていますから、料金が安くてもどんどん高性能になっています。

自宅でセルフ脱毛するのが初めての方は、いきなり機能満載で高価な家庭用脱毛器を購入するよりも、シンプルながらも安価で気軽に使用できる家庭用脱毛器がおすすめです。

電気シェーバー

自分でムダ毛を処理するなら、電気シェーバーで細目に行うのが肌にやさしい方法です。
脱毛ではありませんが、ムダ毛処理としては即効性があり、自宅ですぐに肌をキレイに見せることができます。

脱毛サロンでは、施術前に電気シェーバーで自己処理するように念を押してきます。
肌を傷つけてしまっては、肌トラブルの要因となるため照射できなくなってしまうからです。

カミソリよりも圧倒的に肌への負担が少ないので、自己処理には電気シェーバーを使うのがおすすめです。
脱毛サロンに通うなら必須ですし、値段も安いですから一つは持っていると役に立ちますよ。

カミソリ

自宅でのムダ毛処理にカミソリを使用している方は、今すぐに止めた方がいいくらい肌への負担が大きいです。
皮膚の表面はもちろん、角質まで傷つけてしまいますから、ムダ毛を剃るのと引き換えにかなり大きなリスクを背負っています。

永久脱毛できるならともかく、ただムダ毛を処理するだけのために肌の角質を傷つけるのはもったいないです。
電気シェーバーなど、もっと自分で簡単にできる肌への負担も少ない方法があります。

わざわざカミソリを使うメリットはないので、今からでも肌にやさしい方法で自己処理を行いましょう。
もしカミソリを使うことになった場合は、使用後に必ず保湿ケアを入念にしてください。

毛抜き

ピンセットなど毛抜きをするのは、眉毛やちょっとした数本抜く程度でしたらほとんど肌への影響はないでしょう。
自分で簡単に抜けますし、手軽な方法で見た目をキレイにできます。

ただ、毛根から無理やり引き抜くことになるため、埋没毛や毛穴のトラブルが起こる可能性はあります。
チクっとした痛みを感じるのと同時に毛穴が痛むので、他のセルフ方法もあるならなるべく避けた方が安全です。

毛抜きは毛根から引き抜きますが、永久脱毛はできないため毛はまた生えてきます。

簡単ですから数本でしたら毛抜きをしたくなりますよね。
あまり神経質になる必要はありませんが、何十本も毛を抜いたり、毎日毛抜きをするのは止めましょう。

脱毛ワックス

脱毛ワックスは、自宅で一気に広い範囲を処理できる昔からある方法です。
馴染みのある方は、ブラジリアンワックスといった方がわかりやすいかもしれません。

粘着力があるワックスを肌に塗布して、乾いたら剥がすと一気に毛が抜ける仕組みです。
一瞬ですが強い痛みを感じやすく、自分で剥がすのをためらうのもよくある光景ですよね。

見た目はキレイに仕上がりますが、永久脱毛はできないのでムダ毛はまた生えてきます。
また、広範囲に渡り肌への負担は大きく、敏感肌の方にはおすすめできない方法です。

抑毛ローション

抑毛ローションは、化粧水を塗るだけですから自宅で簡単にセルフケアできます。

パイナップル豆乳ローションの人気がありすぎて、市場は一強といっても過言ではありません。
抑毛ローション=パイナップル豆乳ローションと思っている方がほとんどでしょう。

毎日使い続けても永久脱毛はできないため、ムダ毛を薄くして自己処理を楽にしたい方におすすめです。
イソフラボンがムダ毛に働きかけて、パイナップルエキスが効果的にムダ毛ケアをサポートするのが特徴です。

除毛クリームでムダ毛を取って、抑毛ローションでムダ毛をケアしてあげるのが効果的な使い方になります。

除毛クリーム

除毛クリームは、生えている毛の根元から溶かして除毛します。
毛を全て溶かすわけではなく、抜けやすいように溶かしてから、拭き取ることで除毛するイメージです。

自宅で簡単にできるセルフ方法ですが、永久脱毛ではなくあくまで除毛になります。

除毛クリームの種類により使用期間は異なりますが、使い始めは週に1回程度で、使い続けていくと2週間に1回、1ヶ月に1回と回数が減っていくことで効果を実感します。

カミソリで除毛するよりも肌にやさしく、保湿成分を配合しているものが多いため、除毛しながら美肌へと導くのがメリットです。

家庭用脱毛器は永久脱毛の効果ないのか検証

家庭用脱毛では永久脱毛できない!

まず結論からいうと、家庭用脱毛器では永久脱毛できない!が答えになります。

そもそも家庭用脱毛器は永久脱毛を目的として作られていません。
自宅で簡単に脱毛サロンと同じような効果を得られる、セルフ脱毛の方法として家庭用脱毛器を選ぶようにしましょう。

永久脱毛するには、毛が生えてこないように毛根を破壊しないといけませんが、そこまで強い出力パワーで照射できるのは、医療機関しか認められていません。

脱毛サロンでも認められていないのですから、家庭用脱毛器に永久脱毛の効果を求めるのは無理ですよね。
永久脱毛したいなら医療脱毛のできるクリニックへ行く必要があります。

家庭用脱毛器は、脱毛サロンと同じような出力パワーを照射できるように開発され、業務用の脱毛機をコンパクトに小型化したものと考えれば意外とすっきりします。

家庭用脱毛器は出力が弱いため永久脱毛の効果がない

家庭用脱毛器では永久脱毛できない理由は、毛根を破壊するほどの出力パワーがないためです。
脱毛サロンでさえ永久脱毛できないので、家庭用脱毛器に永久脱毛の効果がないのは知っておいた方がいいでしょう。

脱毛サロン及び家庭用脱毛器の出力レベルは弱いため、毛根にダメージを与えられても破壊することはできません。

効果の感じ方には個人差もありますが、家庭用脱毛器を使い続けることで、毛が薄くなり自己処理が楽になる効果は期待できます。

毛根を破壊するレベルのレーザーを照射できるのは医療脱毛だけですから、永久脱毛したいなら医療クリニックへ通う必要があります。

医療行為になるため、医療従事者しかレーザーを照射できないので、永久脱毛できるような家庭用脱毛器は存在しません。

【フラッシュ式】家庭用脱毛器

家庭用脱毛器には「フラッシュ式」と「レーザー式」があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

まず「フラッシュ式」ですが、現在市販されている家庭用脱毛器の多くがフラッシュ式で、効果も高いため主流となっています。

メリットとしては、脱毛サロンと同じ光脱毛のIPL方式のため、痛みが少なく照射できる範囲が広いので全身脱毛におすすめです。
処理もスピーディーですから、自宅でセルフ脱毛するのに最適な方法です。

デメリットとしては、フラッシュ式にかかわらず家庭用脱毛器は永久脱毛できないので、減毛と抑毛の効果を維持するには使い続ける必要があります。

また、フラッシュ式は照射できる回数が限られているため、カートリッジ交換が必要です。
そのため、家庭用脱毛器の本体価格だけではなく、カートリッジ交換のコストも確認しておきましょう。

ケノン

フラッシュ式の家庭用脱毛器で、圧倒的なシェアを誇る人気No.1は「ケノン」です。
機能も豊富で、顔とVIOも含む全身脱毛するならケノンを購入しておけば間違いないでしょう。

自宅で本格的なセルフ脱毛をすることができますから、ケノンが一台あれば脱毛サロン並みのケアも可能です。
付け替え用のカートリッジも複数付属しており、出力レベルを1~10まで調節できるのも嬉しいですよね。

ケノンは照射回数も多く、カートリッジ交換しなくても全身脱毛が1,000回以上できてしまう大容量です。
照射範囲も広いため、自分で簡単に全身脱毛できてしまいます。

永久脱毛できないからといって評価が下がるわけではなく、自宅で脱毛サロンのようなセルフケアが可能ですから、高評価なのも納得の家庭用脱毛器です。

【レーザー式】家庭用脱毛器

トリア

トリアは世界中で販売されているレーザー式の家庭用脱毛器です。
米国FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けていますから、品質と安全性は高く評価されています。

レーザー式のため痛みは感じやすいですが、医療クリニックよりも出力レベルは低いので、トリアの痛みを我慢できないときは医療脱毛は諦めた方がよいでしょう・・

充電式のためカートリッジ交換のコストはなく、電池の寿命がきたら本体ごと買い替えることになります。

施術範囲が狭いため、自分で照射するのにフラッシュ式よりも時間と手間はかかります。
脇とすね毛など、自宅で部分脱毛したい方にはおすすめですが、セルフの全身脱毛には向いていません。

フラッシュ式よりも効果があるという口コミは多いので、効果で選ぶならレーザー式のトリアはおすすめですよ。

永久脱毛器なら自分で永久脱毛できる?

永久脱毛器とは?

永久脱毛器とは・・永久脱毛できる家庭用脱毛器という意味で使われているようです。
そもそも家庭用脱毛器は永久脱毛できないので、永久脱毛器は存在しないことになります。

永久脱毛するなら医療脱毛しか方法はありませんから、強いて言うなら医療レーザー脱毛機が永久脱毛器となります。
医療レーザーは医療機関でしか照射できないため、家庭用の永久脱毛器はやはり存在しません。

自宅で永久脱毛したい・・という希望はあっても、現在の技術では自分で永久脱毛できる家庭用脱毛器はないんですね。

もし存在しても、医療脱毛の痛みは麻酔が必要となる方も多いですから、自宅でセルフ脱毛するのはリスクが高すぎます。
また、もし火傷などの肌トラブルか起きてもすぐ対応できないのは、危険ですから現実的ではありません。

永久脱毛できる家庭用脱毛器は開発される?

脱毛サロンの光脱毛は進化を遂げていて、最新の方式では痛みはほとんどなく効果もかなりアップしています。
さらに進化していけば、光脱毛でも永久脱毛できるようになり、永久脱毛器が開発される日も遠くないかもしれません。

ですが、現在は脱毛サロンでも永久脱毛できないので、自宅で永久脱毛器が使えるのは自分の子供の世代になりそうですね。

家庭用脱毛器ではなく、画期的な脱毛クリームが登場したり、永久脱毛する方法が変わっていくことも考えられます。
急激な温暖化により、もしかしたらムダ毛が肌を守るために重宝される時代が来るかもしれませんよね。

いずれにしても、永久脱毛できる家庭用脱毛器は今のところ夢の世界であるのは確かです。

家庭用脱毛器で永久脱毛に近い効果は維持できる?

家庭用脱毛器を使い続けることで、ムダ毛を自己処理する回数が減ってきて、毛が薄くなる効果は期待できます。
ですが、永久脱毛に近い状態を維持できるかは微妙なところです。

効果には個人差もあるので全くないとは言えませんが、家庭用脱毛器では年単位の効果は維持できないので、月単位で良くても数ヶ月効果を維持できるくらいでしょうか。

やはり定期的に家庭用脱毛器を使用するか、ムダ毛の自己処理を行う必要はあります。
自宅で手軽にできるセルフ脱毛ですから十分な効果ではあっても、永久脱毛に近い効果は難しいといえるでしょう。

ただ、自宅でいつでも好きな部位を脱毛できる家庭用脱毛器は、自分で行うセルフ脱毛の方法としては最強です。

永久脱毛の効果があるのは医療脱毛?脱毛サロン?

永久脱毛できるおすすめの医療脱毛クリニック

永久脱毛の効果があるのは、医療レーザー脱毛を施術するクリニックだけです。
そのため、痛みの少ないクリニックを選ぶことが重要となります。

脱毛サロンの光脱毛は、サロンにより効果の差は出やすいですが、医療脱毛はクリニックによる効果の差は感じにくいです。
ですから痛みの少ない最新機器を導入しているか、麻酔で痛みを緩和してくれるかが大切なポイントです。

医療脱毛の場合、永久脱毛するための平均回数は5~8回が目安になります。
効果には個人差もありますから、10回前後の回数が必要になる方もいらっしゃいます。

料金が高いから痛くない、料金が安いと痛いとはなりませんので、おすすめの医療脱毛クリニックを参考にしてください。

リゼクリニック

リゼクリニックは、医療脱毛専門院として永久脱毛の効果を最大化することにこだわり尽くしています。

まず、4種類の脱毛機を使い分けることで、一人ひとりの肌質や毛質に合わせて最適なパワーで照射します。
太い毛や細い毛など、あらゆる毛質に対応するために、蓄熱式と熱破壊式の医療レーザー脱毛機を完備しています。

リゼクリニックの脱毛機は、痛みを軽減する機能も搭載されていますが、やはりレーザー脱毛は痛みを伴うものです。
そこで、安心して施術を受けてもらえるように、麻酔クリームと笑気麻酔の2種類の麻酔を用意しています。

痛みが心配な方はもちろん、痛みが出やすい部位にだけ麻酔を使うこともできますから、痛みを最小限に抑えるとともに心理的な不安を解消してくれます。

アリシアクリニック

アリシアクリニックは、最新の医療レーザー脱毛機を使用した最先端の施術が受けられるのに、低価格の料金設定が人気のクリニックです。

施術スピードが2倍になり痛みを感じにくい最新マシンは、毛の太さに合わせて3波長を使用できる高性能を備えています。
従来の脱毛機よりも少ない回数で高い効果を得られるから、アリシアクリニックは満足度も高いんです。

医療脱毛を5回した60%以上の方、7回した90%以上の方が永久脱毛の効果に満足しています。
永久脱毛したいけど医療脱毛は料金が高くて・・という方は、5回でも満足できるアリシアクリニックがおすすめです。

痛みに十分配慮した脱毛機を使用していますが、塗り麻酔と笑気麻酔も用意されているため、痛みが不安な方も安心してください。

レジーナクリニック

レジーナクリニックは安心と信頼で選ばれる、一流の医療脱毛で永久脱毛したい方におすすめのクリニックです。

全身医療脱毛の料金は、他のクリニックよりも少し高めですが品質の良さで選ばれています。
永久脱毛は絶対に失敗したくないですから、料金が少しくらい高くても安全に終わらせたいという方は意外と多いです。

医療レーザー脱毛は肌のトラブルが心配ですから、料金が安いクリニックだと逆に不安になりますよね。
レジーナクリニックなら徹底的に効果と品質にこだわっているため、医療脱毛を受けた会員で友人や知人に紹介したい!と思う方がとても多いんです。

また、麻酔が無料なのもレジーナクリニックならでは!
オプションは完全無料保証されていますから、追加料金はかからないのが嬉しいですよね。

永久脱毛に近い効果を維持できる脱毛サロン

脱毛サロンで永久脱毛に近い効果を維持するには、回数・期間無制限で通えるのが条件です。

脱毛完了後は、しばらく自己処理は不要となりますが、永久脱毛ではないため毛はまた生えてくることが多いです。
最初は産毛が生えてきて、そのまま脱毛せずに毛周期を繰り返すと、だんだん元のように毛が戻ってきます。

そのため、脱毛完了後も毛が生えてきたタイミングで脱毛すると、効果を維持できるので永久脱毛に近い状態を保てます。

脱毛サロンによっては、全身脱毛の通い放題プランがありますので、その中でも永久メンテナンス保証が付いていると、期間無制限に一生涯通い続けることができます。

シースリー

永久メンテナンス保証が付いた、全身脱毛の通い放題でおすすめのサロンはシースリーです。
高品質なのに料金が安いため、脱毛サロンで永久脱毛に近い効果を維持したい方には最適といえるでしょう。

シースリーは光脱毛でも効果が一番高いIPL脱毛を導入していますから、永久メンテナンスとして通うのにも最適です。
また、IPL脱毛は即効性が高いので通う回数は少なくて済みますし、脱毛効果を長く維持できるメリットがあります。

そして、全身脱毛の通い放題で外せない条件は予約の取りやすさですよね。
いくら通い放題といっても、予約が取れない脱毛サロンでは意味がありません。

シースリーなら予約が取りやすいサロンとして口コミでも評判ですから、土日しか予約できない方でも安心して通えます。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは大人気の脱毛サロンですから、知らない人はいないくらい有名です。
そのミュゼが全身脱毛の通い放題を始めて、一生涯の永久メンテナンス保証となれば通いたくなりますよね。

さらにミュゼの通い放題プランは、料金の最安値保証までしているんです!
ミュゼといえば美容脱毛ですが、S.S.C.iPS care方式へとさらにグレードアップしたのもおすすめの理由です。

ただ一つデメリットがあるとすれば、希望の日時でなかなか予約が取れないことでしょうか。
ミュゼは人気がありすぎて新規会員も多いので、特に夏場の時期は予約できないケースも増えてきます。

平日でも自由な時間に通える!という大学生の方は、あえてミュゼを選ぶのもいいと思います。

永久脱毛を自宅で!家庭用脱毛器は効果ない?まとめ

【自宅で永久脱毛できない?】
自分で脱毛するには家庭用脱毛器が最適ですから、一台持っておくとセルフ脱毛に便利なのは確かです。
しかし、永久脱毛するためには、医療レーザー脱毛を施術できる医療脱毛クリニックに通うしか方法はありません。

→「永久脱毛は自宅でセルフ脱毛できないって本当?」について詳しくはこちら

【家庭用脱毛器は効果ない?】
自宅では永久脱毛できないのか検証してきましたが、やはり家庭用脱毛器ではそこまでの効果はないことがわかりました。
家庭用脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式がありますが、初心者の方には光脱毛のフラッシュ式がおすすめです。

→「家庭用脱毛器は永久脱毛の効果ないのか検証」について詳しくはこちら

【永久脱毛器とは?】
また、永久脱毛器は存在しないため、家庭用脱毛器では永久脱毛できないのが現実です。
永久脱毛器が開発される前に、画期的な脱毛クリームなど他の方法が見つかる方が可能性は高そうですね。

【永久脱毛の効果がある方法は?】
永久脱毛できるのは医療脱毛だけですから、痛みの少ないまたは麻酔で緩和してくれるクリニックを選びましょう。
脱毛サロンで永久脱毛に近い効果を維持することは可能ですが、永久メンテナンス保証で通えることが条件となります。

タイトルとURLをコピーしました